スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼林堂古書店へようこそ



書評家の林雅賀が店長の蒼林堂古書店は、ミステリファンのパラダイス。バツイチの大村龍雄、高校生の柴田五葉、小学校教師の茅原しのぶ―いつもの面々が日曜になるとこの店にやってきて、ささやかな謎解きを楽しんでいく。かたわらには珈琲と猫、至福の十四か月が過ぎたとき…。乾くるみがかつてなく優しい筆致で描くピュアハート・ミステリ。

「本とも」に掲載されたものをまとめた徳間文庫オリジナル版。
タイトルと表紙写真に、ひかれる。
装丁は岩郷重力+WONDER WORKZ。
中身も、ミステリ好き、古書好きの憧れのような設定だ。
こんな書店あったらいいなをそのまま描いたような古書店が舞台。
100円以上の売買をした客には、一杯の珈琲がふるまわれ、カウンター席があいていれば、いつまでも居座れると。
うわーっ、もうここだけで、泣けてくるわ~。
しかもお店には黒猫がいる。
これだけでも、十分この本の価値はあると思うが、その上、謎解きがあり、ミステリの名作が登場するのだよ。
一編が終わると、「林雅賀のミステリ案内」というコーナーがあり、物語に登場した作品や関連著作に言及している。
このコーナーが、マニアック過ぎないとこがすごくいい。
現実的には、ネットも含めて古書販売で生計を立てるのは厳しいと思うが、本の中だけでも、ゆるりとした時間が流れるのは、非常に心地がよい。

一編が短いだけに、そこに人間模様とミステリを詰め込むのは、至難の業だったと思う。
軽いように見えて、非常に力作だと思った。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

>sanaさま
コメントありがとうございます。
大変なときですが、目の前の心配事を片付けた後は、読書をして、穏やかな時間を過ごしたいですね。
昼間の読書は節電にもなりますしね。


そうそうそうそう!
共感します~☆
黒猫までいる居心地のいい古書店!
じゅびさん、書き方がお上手ですよねえ。

トラバありがとうございました!
こちらからもさせていただきますね。
胸を痛めることの多いここ数日、ちょっと元気が出ました。
プロフィール

Author:じゅび
ミステリが好き。
でも、面白いものなら何でも読みます。
スパムがひどいので、コメント、TBは承認制としました。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mobile
QR
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。