スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月下の一群

記事を更新しようと思って、下書きをあさっていたら、こんなのが出てきた。
2014年の6月に書いていた。
おすすめ漫画としてアップしようとしていたみたい。






これも、懐かしい。
初めて読んだのは、高校生だったかな。
衝撃的だった。
これまでこんな少女マンガは、読んだことがなかったからだ。
絵柄も好きだが、内容が非常に濃かった。
吉野朔実は、天才だと思った。
堀口大学の訳詩集と同名のタイトルだが、中身も文学的なものを感じさせた。
大学生活への憧れを強くさせる漫画だった。
登場人物も魅力的で、好きだったな~。

名作だと思うが、品切れ状態なのだろうか?
手元に置いておきたい作品の一つである。


ここまで書いて終わっていた。
残念なことに、吉野朔実さんは、今年の4月にお亡くなりになりました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

テーマ:コミック - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。