舟を編む



2012年本屋大賞受賞。

出版されてすぐに買ったのに、読む時間がなかった。
そういえば、サイン会&トークショーまで行ったのだった。

その後、映画化もされて、主演が松田龍平ということは知っていた。
なので、困ったことに、自分のイメージが出来上がる前に、彼の容姿がちらついてしまった。

この本の帯にも、カバーを外した中にも、イラストがあるので、ほかの登場人物は、イラストイメージで読んだ。
(イラストは、雲田はるこさん)

辞書を作る話というのは知っていたが、本の薄さを見て、あまり期待はしてなかったのだ。
三浦しをんさんが、物語をつむぐ天才だということは知っているが、最近の作品は物足りなさ、描き足りなさを感じていたので、きっとこの作品もそうだろうと思っていた。
(注:描き足りなさというのは、私が濃くしつこく描くのを希望していたからであって、作品そのものの質が落ちるわけではない。)

ところがところが、読み出すと、私も言葉の海に漂う旅人のような気分で、時間をたつのを忘れてページをめくった。
なんて濃いそして無駄のない文章なんだろう。

主人公の言葉への執着が、きもいどころか、気持ちよくて、言葉を大事にする姿勢がいとおしくてたまらなくなった。

辞書への愛情、わかるような気がする。
私はどちらかというと、英語の辞書が大好きで、ひたすらめくって、文例を読んだりしたこともあった。

ほかの登場人物も、しをんさんらしく、個性的で魅力的で説得力のあるキャラばかりだ。
特に、西岡の描写がすごくいいと思った。

辞書の校正のアルバイトがしたいな~。泊まってでも(笑)。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ