スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵孔のない扉



私が読んだのは、昔の角川文庫です。
久々に再読しましたが、トリックの細かい部分を忘れていたので、新鮮でしたね~。
ていうか、トリックの一つが複雑すぎて、何度も読み返しました。
ネタバレになるので、詳しく書けませんが、表が出てくる例のトリックです。

古い作品ではありますが、まるでドラマを見ているように、情景が浮かび、登場人物が生き生きと動き回るんですよね。
トリックも、あれもこれもあって、もったいないくらいです。

読者は書かれていることすべてが事実だと思って読みますが、虚実とりまぜてあるわけで、そのあたりのさじ加減がうまいんですね。実に自然で、騙されちゃいます。
徐々に真相に近づいていくドキドキ感はたまらないですね。
鮎川哲也という人は、本当に偉大なミステリ作家だったのだとあらためて感じました。

歌詞に関するやりとりや、夫婦の会話など、そんな部分でも、楽しめる傑作です。

余談ですが、この作品が、一時、某ミステリ作家のファンの間で話題になったことがありました。
それは、旧版のあとがきをそのミステリ作家が本名で書いていたからです。
ちなみに、光文社文庫版(旧版)ではまた別のミステリ作家が解説を書いています。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。