ビブリア古書堂の事件手帖3~~栞子さんと消えない絆~



うーん、面白いですね。
三巻目にして、筆者もこれまで以上に筆が乗ってきた感じがします。
謎が、一気に栞子さんがらみになってきて、続きが気になります。

なかよしこよしじゃない古書市場の話が、妙にリアルでした。
そう、マニアの世界はシビアなのです。
なので、栞子さんのお母さんの話も、違和感があまりないですね。

学生時代の私にとっての古書店(神保町)は、敷居が高く、たまたま入った店で、ヒトリ書房の店主みたいな態度を
とられて、超怖かったです><

坂口夫婦のお話は、ウルッと来ました;;
「春と修羅」の話も、なかなか込み入っていて、面白かったです。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ