夜の床屋



第4回ミステリーズ! 新人賞受賞作の「夜の床屋」をはじめ、四季折々の「日常の謎」に予想外の結末が待ち受ける、新鋭による不可思議でチャーミングな連作短編集全7編。



ミステリ・フロンティアで出た時は、『インディアン・サマー騒動記』というまったくもって食指の動かないタイトルであった。
文庫化に際して、このタイトルになったようで、タイトルも装丁もこちらのほうがずっといい。
「夜の床屋」というタイトルだけで、いろんなことを想像してしまい、ゾクゾクする。
なぜ、廃屋に見えた床屋が夜になって、明かりがついているのか?
謎だけでもすばらしいが、着地点も、面白かった。

続く「空飛ぶ絨毯」と「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」も、わくわくするような謎の提示とひねりのきいた解決で唸らせる。
この水準で、連作短編が続くのかと思いきや、「葡萄荘のミラージュI」あたりから、しっくりこなくなる。
「『眠り姫』を売る男」も十分面白いので、単体のままがいいなあと。
そして、「エピローグ」が、蛇足のような気がしてしまう。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ