ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~



一冊まるごと乱歩でーす!

大喜びなところだが、それよりも、小林信彦が出てきたことのほうがうれしい。
私もね・・・かつて、彼のファンであり、高い絶版文庫買った身なので><

乱歩の部分は楽しかったけど、正直、ほかの部分は、あまり・・・。

あ、ヒトリ書房の人の話は、よかったかな~。

あとは、3巻目までは気にしなかったけど、栞子さんの恋愛に鈍感すぎる描写もげんなり。
こういうキャラに萌える年頃は、もう過ぎたのだ(笑)。
むしろ、エキセントリックに描かれている栞子の母親のほうが、まともに思えてきたり。

ただ、この作品をきっかけに乱歩を読む人が増えたらいいなあと思う。
読んだことがないという感想が多く見受けられたので。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ