スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペードの3



デビュー作『桐島、部活やめるってよ』を読んだ感想はひどいものだった。
あれから、作品は映画化され、「何者」で直木賞を受賞して、一躍大物作家になった浅井リョウさん。

また手に取る気になったのは、宝塚歌劇を舞台にした作品を書いたと聞いたから。
朝井さんは、きっと取材などもして、かなり面白い内容になっているんだろうと勝手に期待して、手に取ってみた。

長編かと思ったら、中編が3作入っていた。 
表題作のほか「ハートの2」「ダイヤのエース」。完全に独立したものではなくて、視点を変えて書いた感じ。

朝井さんのファンの中では評価は高くないのではないか・・・と何となく思った。

しかし、私的には、面白かった。
ただ、期待していたものとは違った。
私は、宝塚歌劇そのものとファンを取り巻くリアルな話かと思っていたら、宝塚は、単なる小道具でしかなかった。

女性のざらっとした心理を描いていて、興味深く読めた。
小学生のことを懐かしく思い出した。
そういえば、美知代やむつ美みたいな子、いたなあ。
あと、かわいくて頭のいい転校生とか一目置かれるませた子とか。

私は学級委員ばかりやらされて、イヤだったけど、やりたい子もいただろうね。

リアルな部分もあったけど、登場人物の誰にも感情移入はできない。
けど、朝井さんの描き方は、突き放したようでいて、実は優しさがあるので、嫌悪感も抱かない。

ふと思ったけど、朝井さん、ミステリ書いたら、結構面白いんじゃないかな。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。