鷹野鍼灸院の事件簿



なぜ読もうと思ったのか忘れてしまったが、とても面白かった。
著者は、「このミス」大賞でデビューした方のようだ。

最初は、今はやりの日常系で、職業系のミステリーかあ・・・とうとう鍼灸院まで舞台になったかあ・・・と
半ばあきれた感じで読み始めたのだが、意外によい出来で、妙な先入観はいかんなあと反省。

文章が、自然で読みやすいのは、著者が劇作家だからだろうか?
会話などが、すんなりと入ってくるのだ。

冒頭収録の「はじめての患者さん」を読んだときは、なんと安易な展開なんだと思い、続きを読むのをためらった。
が、著者が、鍼灸師でもあることを知り、またまた自分の偏見を反省。

鍼灸に関する部分は、専門的だが、噛み砕いて説明されているので、苦にならない。
鍼灸界のいろんな側面なども描いているところもいい。

新米鍼灸師・真奈のことも、彼女が勤める鷹野鍼灸院の院長(探偵役である。)のことも、もっともっと知りたくなる。
シリーズ化するんだろうなあ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ