スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の証言



井之頭公園に隣接する植物園で音響会社の技師とバレエダンサーが惨殺された。技師は産業スパイ糾弾の矢先だったと判明するが、スパイ当人は固なアリバイを楯に犯行を否認。やがて別の真犯人を示唆する証言も飛び込んでくる。膠着していく難局に敢然と挑む丹那刑事、そして鬼貫警部が轗軻不遇の末に得た決定打とは? 



昭和54年角川文庫初版。

うーん、あらすじを読んだときはもっと面白いと思ったのだが・・・。

二重三重のトリックは、しつこいくらいで、鮎川さんらしくていいんだけど、
なんだろ?あまり情緒を感じられないのかなあ。
登場人物がいまいちだからかなあ?

当時、ベレー帽が流行ったんだろうなあ。

丹那の家系が歯が弱く二人の兄が総入れ歯とか、鬼貫が、信州人と間違えられるとか、
そんなことばかりが印象に残ってしまった(^^;。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。