バーナード嬢曰く。 2



こちらも、2015年読書。
待望の第2巻。

相変わらずの面白さではあるが、笑いを抑えられないほどは、笑わなかった。
1巻よりも、文学性が増している気がした。

町田さわ子には、イライラしつつも、かわいげもあって、なんか憎めないなあ~。

著者の書籍に対する思い入れがすばらしく、共感を呼ぶ。

「KAGEROU」は既読だが、ここまで語れる著者はすごいと思った。

次も楽しみ。

テーマ:コミック - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ