スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空色の小鳥



「おまえはちがうから。この家から出ていくことを考えろ」三年前に急逝した兄・雄一と最後に交わした言葉。兄は微笑を浮かべていた。大企業のオーナーである西尾木家に後妻の連れ子として入ったものの、疎外感の中で暮らしてきた弟の敏也は、いまだにその真意が分からずにいた。ある日、偶然兄に内縁関係の妻子がいることを知った敏也は、妻・千秋が末期癌であることを突き止める。千秋の死後、六歳になる娘の結希を引き取ることにした敏也。だがなぜか、兄を溺愛したワンマン社長の父や一族には、そのことを一切知らせずに暮らし始めた……。敏也の真意とは? 静かな感動が胸を打つ著者渾身の家族小説!



表紙からしていつもと違う感じを受けた。
ミステリではないが、先が気になってしまい、途中でやめられなくなった。

血のつながらない兄の子を養子にするだって?!
なんで??
わけわからない。

なんで、こんな無理な設定の話を大崎さんは書こうと思ったのか。
ハードル高すぎだろう。

なのに、大崎さんは、そのハードルをひらりと飛び越えた。

デビュー作から、ずっと追い続けているが、いまだ追いつかない。
文章も、もともとうまい人だったけど、こんなにもこなれていたかなあ。

主人公の敏也が、単純にいい人じゃないところもいい。
苦労していて屈折もしている。
敏也を支える人物も、何かしら事情を抱えている。
登場人物を時に優しく時に厳しく大崎さんは描く。

血のつながりってなんだろうなあ。
財産や家柄って、大事なものなんだろうけど、もっと大事なことがあるよね?
人としての本当の幸せって何だろう?
そんなことを深く考えさせられる一冊だった。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。