教場



週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位、宝島社「このミステリーがすごい! 2014年版」国内編第2位、
2014年本屋大賞第6位ということで、ずっと読みたかった作品。
文庫化されたが、私は2015年にハードカバーで読んだ。

なるほど、評判通りの面白さで、一気読み。
ただの警察小説ではない。
横山秀夫ほどではないが、シンプルな文章の中に、人生がぎっしりつまっている感じ。

登場人物に余り感情移入できないところも、かえっていい。
描かれていない部分を、あれこれ想像してしまい、何とも言えないざらついた気分で読み終えた。

警察学校の実際は知らないが、厳しいところなのだと思うし、集団生活するところでは多かれ少なかれ精神が歪んだり、いじめがあったりするんだろうなあと思う。
そういうのを乗り越えて立派な警察官になってほしいと願わずにはいられない。

何もかも見通している風間教官が魅力的で、早く続編も読みたいものだ。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅび

Author:じゅび
ミステリが好き。
最近は読書ペースが落ちています。

最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ